釜ヶ崎日雇労働組合 活動報告

アクセスカウンタ

zoom RSS 39回目の釜ヶ崎夏祭りをやろう!

<<   作成日時 : 2010/08/13 08:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

本日午後5時10分 三角公園にて

第39回釜ヶ崎夏祭り

                               釜ヶ崎日雇労働組合


なかまのみなさん!

連日の酷暑、雨が降れば大雨、という厳しい天候の中、現場仕事、アルミ缶、段ボール、仕事探しと、様々な仕事に励んでいることと思います。今年も早八ヶ月目を迎え、お盆になりました。

今日の午後からステージが始まり、五時からは前夜祭が始まります。

故郷に錦を飾ることもできなくなり、ここ釜ヶ崎を第二の故郷と決めた仲間たちで、今年も、自分たちの祭りを作り、現場で酷使される憂さ(うさ)、厳しい失業・野宿生活の憂さ、生活の中で生きがいを見いだせない憂さ、日頃の全ての憂さ晴らしをしましょう。

現金がなくても、無料企画が盛りだくさん。アルミ缶を集めてアルコールや食べ物にすることもできる。

相撲大会、綱引き、スイカ割り、ステージの演奏や、歌を楽しみ、自らステージに上がってのど自慢。毎日の締めは盆踊り。

今年も、釜ヶ崎労働者自身が創る、釜ヶ崎の祭りを、おおいに楽しみましょう。



労働者の団結を固めよう

元祖貧困ビジネスのヤカラ集団-釜合労は、特掃の賃金問題で、労基署にも相手にされなかったことに腹を立て、国家権力の一機関=裁判所に泣きついた。いつも裁判所に対し、不当判決だとか、不公正だとか言っていながら、国家権力-裁判所に判断をお願いするのは、七九年の全港湾に対する「百円強制カンパ訴訟」の時から一歩も進歩していない証しであり、パフォーマンスだけのエセ「反権力」の真の姿だ。

この裁判は、釜ヶ崎労働者が反失業闘争で勝ち取った、「保険料の労働者負担分を行政に肩代わりして払わせる」という成果を、「支払わないほうが得をするから、まじめに裁判で争いもしないだろう大阪市、大阪府を被告として訴える」という茶番劇の裁判だ。

特掃労働者のためでなく、ヤカラたちが勝つ(行政も喜ぶ)ことだけを目的にした裁判だ。



5700円から保険料が引かれる

この裁判でヤカラの言い分が通れば、輪番労働者は5700円から労働者負担分を引かれるようになってしまう危険な裁判だ。行政も喜ぶのだから充分にその可能性がある。ヤカラが当初宣伝した「賃上げ」とは違い、賃下げになるのは見え見えだ。



売名・茶番劇の裁判を許すな

第三の被告NPO釜ヶ崎は行政の下請けで、釜ヶ崎労働者の運動の声を背景にしてしか発言権がない。それを見越してヤカラたちは裁判を起こしたのだ。

釜ヶ崎労働者の利益などお構いなし!外向けに「裁判に勝った○○」と自分の名前を宣伝したいがためだけに、釜ヶ崎労働者を踏みにじる、元祖貧困ビジネスのヤカラ集団-釜合労の裁判を許すな。



自ら露呈させた元祖貧困ビジネスの正体!

 ヤカラ集団は、先月、大阪市への質問状で、特定の民間企業である不動産業者を「XX商事は貧困ビジネスではありません」と擁護していた。公的機関に対して、公式文書で、一民間企業を擁護する運動団体など前代未聞、聞いたことも、見たこともない。

 なかまたちが「紹介料をくれる」「生活用品を買ってくれる」と噂する業者をわざわざ行政に擁護・推薦し、その一軒だけを居宅申請者に紹介するのはなぜなのか…。

 当然、業者のこういう行為は営業上の利益を上げるためであり、不法行為ではない。しかし、税金を出す側の行政は、「そういう余裕があるなら敷金・礼金を値下げしろ」「とるな」というだろう。

 野宿者をネタに必要以上に稼ぐのを貧困ビジネスと呼ぶのではなかったのか。ヤカラたち!君たちが言い訳に配っている「まえしま新聞」にこそ、その実態が書かれているだろう。



「居宅保護をかちとる闘い」のまやかし

 また、ヤカラたちは、舞洲自立から若い人たちを引き抜いて居宅保護申請の「支援」をしているが、四角公園の炊き出しに並ぶ釜ヶ崎労働者に居宅保護の支援をしないのはなぜなのか。

支援金・支援物資集めを自己目的化したお粥の「炊き出し」に並ぶ人間が減るからなのか。

だから、昨年の秋までは生活保護の「不自由」ではなく、「野宿の自由」と声高に叫んでいたはずではないのか。「自立から50人」と外向けには「支援の実績」を強調してはいるが、今頃、居宅保護路線に変わったのは、「何か特別な事でもあるのか」と考えるのはゲスの勘ぐりなのか。



釜の労働者は真実を知っている

釜ヶ崎労働者が知っている。この地域の中で、居宅をとる支援をしてきたのは、医療連であり、NPO釜ヶ崎であり、夜間学校であった事を!

そして何より、ふるさとの家に至っては昨年五百人以上のなかまを畳の上にあげたのだ。

ヤカラたちの言う50人の実績とは、彼らがつるむXX商事で抱えきれるだけの人数ではないのか。



悪徳業者、エセ運動家に惑わされず、労働者の団結を固めよう!

なかまのみなさん!

 こうした、労働者の味方のフリをしながら、何十年にもわたって食い物にしてきたやつらを許してはなりません。

我々が「安心して働き、生活できる釜ヶ崎を」創るためには、真実を見極め、先輩たちや、我々自身が闘いとってきた権利をぶち壊そうとするヤカラたちと、断固とした闘いをしなくてはなりません。

日雇健保、国民皆保険制度を壊し、特掃の賃下げをしようとするヤカラと断固として闘いましょう。



夏祭りで団結を固め、特掃週三回、55歳以下の仕事をかちとろう!

39回目を迎える釜ヶ崎夏祭りで、ストレスを発散させ、ひとときの休息をとり、団結を固め、来年の緊急雇用対策打ち切りとの闘い、そしてなによりも、全国の非正規労働者との連帯・団結を通して、自民・公明党時代にぶち壊された世の中の仕組みに対し、安心して働き、生活できる新しい仕組みを創るための闘いに進んで行きましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
4・5釜ヶ崎大弾圧について釜ヶ崎パトロールの会はブログで声明を出していますが、釜ヶ崎日雇労働組合は何もしないのでしょうか。

2011/04/09 03:16
 今回の弾圧について「今の時期に昨年衆院議員選挙のときの公務執行妨害を理由の逮捕劇は、次の日曜日に行われる地方選での抗議活動を予測した予防弾圧だろう。
しかし、なかまたちの憩いの場所「ふるさとの家」まで家宅捜査を広げたのは単に現場での行為だけでなく。公職選挙法、住民基本台帳法の不備による矛盾に声をあげる者すべてに対する弾圧だろう。行政は一刻も早く野宿者の住民としての権利をどう守り、基本的権利である投票権を保障する方策をとれ!警察は手を出すな!」と、なかまたちに向けたビラで呼びかけました。
釜ヶ崎日雇労働組合
2011/04/09 20:17
天下茶屋駅で警官に取り押さえられて殺された高校教師、自殺には思えないのに自殺で片付けられた女医、2008年の暴動の原因とされた警察官の暴行、今回の7人の逮捕。釜日労はとても闘っているとは思えません。関係者ではないので事実誤認があるかもしれませんが、私にはそう思えます。労働者と地域住民と分けて考えるのは差別に思えます。労働者も地域住民です。
kama
2011/04/19 23:42
 天下茶屋駅で警官に取り押さえられて殺された高校教師についてはわかりませんが、次の2件についてはご自分で調査をされたら、当事者の意思とは関係なく、特定の人たちの意思が働いていることが判るのではないでしょうか…。
 kamaさんは「闘わない労働組合」と釜日労を規定していますが、警察と「闘わない」と言いたいようですね。2008年の『暴動』で「原因とされた警察官の暴行」については事実関係を調べてもらうとして、弾圧されたと言っている某組合の委員長は普段釜ヶ崎の地区内に住んでもおらず、労働者とも接触していないので事情も分からず、西成署にイチモツあるセンターや公園にたむろするヤカラ、博打場やシャブ屋の見張り(シケハリ)にマイクをもたせてしゃべらせていました。そして機動隊が出てくるとサッサと車に乗って引き揚げてしまいました。毎晩です。だから釜ヶ崎労働者は遠まきに眺めていただけなのです。結局、彼らを信じた労働者が被害をこうむってしまっただけです。
 我々はこのような『闘い』(実際はただのパフォーマンス)はしないだけです。90年暴動のとき、西成署への抗議の最先頭にはだれがいたのか(道理があるから多くの労働者が立ち上がったのでは…)、道路の反対側から真似をしようと思ってみても彼らには無理だったのでしょう。私たちは山谷での闘いも釜ヶ崎での反失業闘争も常に労働者とともに闘ってきました。2008年の事件は「ガセネタでも煽れば労働者は動く」等という労働者を馬鹿にした考えが根底にあったのでは…。
 矢嶋先生問題では、ご遺族のお気持ちとは別に、倫理観のない元警察官の私立探偵がゼニ儲けのために暗躍しているという話を聞きます。それを警察の謀略、反権力の闘いというのでしょうか...。我々にはわかりません。真相は一体どうなっているのでしょうか。
釜ヶ崎日雇労働組合
2011/04/30 02:10
 もうひとつ、労働者と地域住民を分けるのは差別という御意見ですが、現実に両者は違う生活スタイルをもっており利害関係もイコールではありません。区別して考えなければともに生きてゆく方向は見いだせません。
釜ヶ崎日雇労働組合
2011/04/30 02:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
39回目の釜ヶ崎夏祭りをやろう! 釜ヶ崎日雇労働組合 活動報告/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる